固定電話

様々な利点があります

スタッフが少人数の会社ほど、電話代行サービスを利用する価値はあります。大事な電話をリーズナブルな料金で確実に電話応対することができるという利点がありますので、有効活用して会社の信頼を勝ち取りましょう。

詳しく見る

男女

ユーザーの声を集めやすい

最新のコールセンターのシステムを活用する事で、ユーザーからのクレームが急増した際にも、企業全体で対処しやすくなります。クレーム件数の増減など細かいデータを収集する事ができる、優秀なシステムを頼ってみてください。

詳しく見る

女性

ウェブ上での接客

店舗には店員さんがいて接客をすることが出来ます。しかしウェブ上には接客をする人がいないので、その代わりになるのがウェブ接客ツールです。ウェブ接客ツールを導入することで、実店舗と同じような接客を行うことが出来ます。

詳しく見る

タイピング

良い会社を選び出すために

良いマニュアル制作会社を選び出す基準としては以下のような基準が挙げられます。まずマニュアル制作会社の得意分野と対応スピードです。次に以上の2つを左右するマニュアル制作会社が持つ技術力です。さらにアフターサービスについても注目するべきです。

詳しく見る

電話する女性

プロのスタッフがサポート

お手頃料金と多彩なプランが魅力の電話代行サービスは、スタッフの少ない事務所や個人事業主を中心に利用が広まっています。個人においても私生活とビジネスの両立に役立てられています。専門的なジャンルのプランが用意されており、外国語の対応も可能です。

詳しく見る

これだけは気を付けておく

電話する女性

2つの注意点

電話代行サービスはとても便利なサービスでありますので、多くの会社で利用されています。こうした電話代行サービス業者はインターネットで検索することかなりの数が検索結果として表示されます。どこの電話代行サービス業者に依頼するか考えることになりますが、その際に気を付けておきたい注意点が2つあります。1つ目の注意点は、料金システムをしっかりと確認しておくことです。当然こうしたサービスを利用するには、費用がかります。業者によって料金システムが異なっていることがありますので、必ず確認をしておきます。その際に確認しておくことは、定額制なのかそれとも従量課金制なのかということです。前者は月額費用が固定になっていますので、電話代行サービスを何回利用しても月額料金以上の料金がかかることはありません。一方後者の方は、電話代行サービスを利用した分に応じて料金がかかってきます。どちらの料金システムが依頼人にとってベストなのか、申込む前にしっかりと考えておくことが大事です。前者であれば、毎月外部から電話が頻繁に電話がかかってくることがあれば定額制の方がメリットがあります。また後者であれば、外部からあまり電話がかかって来ない場合には従量課金制の方がメリットとなります。2つ目の注意点は、電話オペレーターの電話応対力が優れている業者を選ぶことです。一流の電話オペレーターは臨機応変に電話応対をすることができますので、会社のイメージが好印象になります。

Copyright© 2017 電話代行サービスの料金に注意!定額制と重量課金制の違いとは All Rights Reserved.