原因で異なる方法

起動しない原因は三つしかない

パソコンは、半永久的に動くものではありません。 パソコンのような電化製品は精密機械によって動いているため、この機械の寿命が訪れると自然とパソコンが起動しなくなることがあります。 この原因は主に三つあって対策やそれに関する費用はそれぞれによって異なるのです。 一つは、ウイルスによる故障で、二つ目が電源ユニットの消耗、そして三つ目がHDDの故障です。 ウイルスによってパソコンが動かなくなったときはOSの修復プログラムを利用することで元に戻すことが出来るため無料です。 電源ユニットは買い換えれば問題ないため1万円程度の費用で交換できます。 HDDは、データ復元をするかしないかで大きく価格が異なるのでこの点に関してはまた分けて考えなくてはいけません。

データの復元は難しくないが費用がかかる

データ復元そのものは、HDDから取り出すことが出来るためそれほど難しいことではありません。 ウイルスに侵されたときにはデータ復元ができない場合が多いですが、HDDの場合は物理的に破壊されない限り必ずデータが残っています。 物理で壊されてしまった場合には残されたデータだけをデータ復元によって甦らせることができます。 費用がかかってしまう理由は、データ復元にはそれ相応の時間がかかるからです。 データが壊れている場合にはまずその壊れたデータを元に戻してからデータを取り出す必要があるため、そのための費用がかかるのです。 データの中にはどうしても無くすことができないものもあるため、実際に利用するときにはデータ復元は非常に重宝します。