便利なツール

名刺スキャンによる名刺管理

名刺の記載内容を管理するための有用な手段として電子化して整理するという方法が一般的に多なわれるようになってきました。名刺の記載内容を電子化する手段として、日常的に使うのに便利なツールとして名刺リーダーがあります。 スキャナーと同等の機能を有する名刺リーダーに加えて、スマートフォンをスキャンの媒体として利用できる安価な名刺リーダーも手に入るようになりました。スキャナー型の名刺リーダーが二万円近い価格を示していたのに対し、スマートフォンを利用できる名刺リーダーでは一万円以下で購入可能となっています。需要の高まりと共に使用に際しての利便性や小型化も進んでおり、名刺管理をする上で有用なツールとして人気を集めています。

名刺データ入力という問題の解決の歴史

名刺の電子化による管理が行われるようになり始めた頃は名刺に記載されている内容を読み取る術が開発されていませんでした。そのため、手入力によって表を作らなければならないという大きな手間がネックになっていました。しかし、名刺情報の整理を行うことで便利に活用できるようになるというメリットも大きいものであり、データ入力に関する解決策が2つの方向性で立てられていきました。 その1つが名刺データ入力の代行業者の設立であり、委託によってユーザー側は容易に入力が可能になりました。そして、もう1つが名刺リーダーの開発による機械的読み取りの実現です。その正確さが課題となっていましたが、技術の進展とともに信頼できる正確さを生み出せるようになってきています。